幸福ブログ

幸せの定義

一年間幸福ブログを名乗っておいて^^、今まで「幸福」についても書いていませんでした。

今日は「幸せ」について、あくまで私見ですが書かせていただきたいと思います。

 

でも・・・

「幸せ」とは何か?なんて、哲学的命題のようで気後れしてしまいますね^^;

思えば普段、「幸せ」について語ったり、文章にしたりすることってないですよね~

 

古今東西、多くの哲学者や思想家、宗教家や賢人、知識人に語られてきたお題^^です。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

幸せとは、『自由に選択できる人生』だと、今日読んだ本の著者は言っていました。

 

なるほど~、そうかもしれません!

全てを自分で決めることができるということは幸せなことです。(例外はありますが・・・

 

AにするかBにするかという選択が出来るという事は幸せです。

世界の国々では、その場所に生まれたということだけで、自分で選ぶことが許されない人たちが大勢います。(いやほとんどの人達がそうです!

 

勉強するか、仕事をするかで迷う余裕がない人、パンにするかヌードルにするかを選べない人、その時だされたパンを食べなければ生きていけない世界があります。

今日食べることで精一杯で、今日も生きることができたことで「幸せ」を感じる人達です。

 

 

さて、「幸せ」ってなんでしょう?

ますます分からなくなってきました。

 

 

 

「幸せになりた~い」と言う人がいます。(僕の周りにもいます^^

 

僕はそんな人を見て、もう十分幸せじゃん!と言います^^

 

数億円の財産を持って幸せを感じる人もいると思います。

そして、農作業をして自給自足の生活に「幸せ」を見つける人もいます。

あるいは、守るべきものがあるということに「幸せ」を感じる人もいるはずです。

前記したように、今日は食べるものがあった!ということが最高の「幸せ」だと言う人もいます。

 

 

 

「幸せ」ってなんでしょう^^

 

/////////////////////////////////////////////////////////////

 

「幸せになりた~い」と言いますが、幸せってなるものですか?

 

例えば、友達は作るものですか?(友達と幸せは別物ですか?

 

お金持ちは成ろうと思ってなるものですか?

(友達と幸せとお金持ちは別物ですか???・・・別物ですね^^

 

世の中お金持ちはたくさんいますが、お金持ちになろう!と思ってお金持ちになった人は稀です。

 

友達も作ろう!と思って友達になるよりは、気づいたら友達だった!気づいたら隣にいた!っていうことのほうが多くないですか?(気がつけば何十年も友達だった・・・・なんて^^

 

さて、「幸せ」についてはどうでしょう?

 

世間一般の幸せの常識から、1度離れてみると・・・

「幸せ」は、なるものではないのかもしれません。

 

という事で、『幸せの定義』たるものはそもそも存在しないのです^^

(↑上手く逃げたつもりです^^だって「なる」ものじゃないんだもん。)

 

ご飯が食べられたから「幸せ」、億万長者になって「幸せ」、気づいたら「幸せ」^^//

 

 

 

 

実はもう充分みんな「幸せ」なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、日本語変換を間違えて「幸せ」を「死あらせ」にしてしまってビックリしました(笑

危ない危ない、でもおかげで、過去のブログを思い出しました⇒辛い幸せ

 

 

 

 

 

 

明日のタイトル「五人のメンター」です。

メンター=心の師です。

 

 

30日は「思うこと」

31日は号外「墓石に刻まれた言葉」です。

 

宜しくお願いいたします。

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^