絶対

嫌いな言葉

そういえば、このブログでは僕の「好きな言葉」をたくさん紹介させて頂きましたが・・・

でも・・・「嫌いな言葉」は一度も話題に上らなかったと思います^^

 

ということで最後に僕のきらいな言葉を書きます。(あまり興味がないかもしれませんが^^;

 

その言葉とは、「絶対」です。

絶対という言葉が嫌いなのです(笑

 

正直に話すと、昔はこの言葉が大好きでした。

「絶対」っていうフレーズには、なんとなく「ぶれない」感じと「強気」な感じがあって好きでした^^

 

人は変わるものですね~

 

/////////////////////////

 

昨日のブログで『ポジティブ』と『ネガティブ』について書きました。そして『100%の黒と白』についてもふれました。

 

『絶対』が嫌いな理由も上記と同じ理由です。

 

100%ポジティブも100%ネガティブも存在しないと思っています。(昨日のブログ参照

 

早い話がどんなことでも『絶対』はない!という考え方です。

 

まあ、1+1=2は絶対ですけど^^

 

何ていうか・・・科学的にというより、文学的にという感じです。(←分かりずらいですね^^

要は、もっとメンタル的にという意味です。

 

僕は今、目に見えない話を説明しようとしているので^^分からない方はごめんなさい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、この行を読んでくれているということは、あなたは「分かった方」ですね^^

 

よく会話の中で「絶対」という言葉は使われます。

 

「絶対」は=100%という感じがします、僕は100%のことなど無いと言っています(笑

 

さあ、だいぶ話が怪しくなってきました^^

(こんな話は最後だから書けるのかもしれませんね~^^;)

 

「絶対」ということは、その「絶対」を無意識にでも決めてしまっているということです。

自分にとっては絶対な事でも、周りの全ての人とは共有できません。

今日「絶対」だったことが、明日も「絶対」であるかは誰にもわかりません。

そうじゃなければいけない!と思ったその瞬間、可能性が制限されます。

 

 

「100%」が満点だと思っていたら、その100%のさらに上があったときに気づけません。

 

 

 

ふ~・・・

あまりに理屈っぽくて自分でも嫌になります(笑

 

 

 

 

まあ、平たく言うと^^ 「絶対」と決め付けてしまうのは、どんなことでももったいないということです。

 

 

僕は、無意識で「絶対」という言葉を避けてきた気がします。(このブログでも今まで「絶対」という言葉は絶対^^使っていないと思います。)

 

 

 

 

 

 

 

 

≪のっくんセラピー≫

「絶対は絶対じゃないのです^^」

 

 

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

幸福ブログなのに、「幸福」についても書いていませんでした。

明日は「幸せ」について、あくまで私見ですが書かせていただきたいと思います。

 

 

明後日は、「五人のメンター」について。

30日は、「思うこと」

31日は、「墓石に刻まれた言葉」

 

号外あり^^

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^