利他

「分かち合い」「助け合い」「ゆずりあい」のススメ

 アホは神の望み 

 

もう読まずにはいられなかったのです、このタイトルに胸キュン^^;です。

 

『アホは神の望み』こんなコピーは反則というか・・・素晴らしいです(笑

 

僕の中ではストライクゾーンのど真ん中です^^

 

 

バイオテクノロジーの世界的権威で、遺伝子研究の第一人者。

 

これだけ聞くと敬遠してしまいがちですが、難しい話は3ページくらいしかありません(笑

 

ゲーテやスティーブ・ジョブスの言葉の引用や、ダライラマ14世との会話、吉本興業との研究など話題が豊富で飽きさせません。

 

僕は普段からマーカーで線を引きながら本を読みますが、線を引くのに忙しかった本です^^

 

全てを紹介できませんが・・・

日本語の「ひらがな」の文化についてのお話も楽しかったです。

 

「ありがとう」も「いただきます」も「おかげさま」も外国語には訳せないそうです。

「ありがとう」はサンキューと違うのかな?と思ったのですが・・・違うそうです^^;

 

このような日本独自の心をあらわす言葉に共通するものの一つは『感謝』で、もう一つは『利他』だそうです。

 

「おかげさま」をアメリカ人に教えたら、「何のおかげなのか?」と不思議がられたそうです^^

 

この「ひらがな」のお話はとても深い話で、楽しい話でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

命には必ず死が訪れるからこそ、生きていることはすごいことであり、尊いことなのです。

 

生命科学の現場にいると、その「生きていることは、ただごとではない」という思いに毎日のように襲われます。

                (本文より抜粋)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後にアップルコンピューターの創始者「スティーブ・ジョブス」の言葉をご紹介します。

 

「Stay hungry,stay foolish」 (ハングリーであれ、愚かであれ)

 

i Macやi Podなどを開発したジョブスが「愚かであれ」といいます、そして遺伝子研究の第一人者の村上先生は「アホは神の望み」といいます^^

 

逆説的ですが、この本を読むと納得してしまいます^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ああ、ダメかな」と思ったら、鏡の前で一人、ニッコリ笑ってすませてしまえばいいのです。

 

人間、笑えるうちは大丈夫。人生は勝ち負けではないが、泣くよりは、笑ったほうが勝ちなのです。

 

そういう笑い上手喜び上手な人が神様から好まれる人です。 (村上 和雄)

 

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^