水鳥の思い出

社長の話編

以前2回に亘って、このブログでボクが大変尊敬し、お世話になった社長の話をしました。

 

今日は、その社長話の第三弾です。

 

 

二十歳の頃のお話。

 

ボクがアパレル業界で洋服屋の店長をしている時に、その会社の社長がポロッっと僕につぶやいた言葉です。

 

 

『店長という仕事は、例えて言うなら「水鳥」に似ているかもしれないね』

 

 

新米店長の僕としては、まったく意味がわかりませんでした^^;

 

当時まだ20代のこの社長はこう続けました。

 

 

『水鳥は表面上は涼しい顔をしているけど、実際水の中ではめいいっぱい足をバタバタさせて、もがきながら泳いでるんだよね』

 

 

これを聞いて当時の自分の状況と照らし合わせて、ようやく社長の言わんとしている事が分かりました。

 

なるほど~、

人の上に立つということはそういうことなのか~と、とても腑に落ちた記憶があります。

 

 

 

比喩としては、とても分かりやすい表現でした。

 

この話には実は続きがあります、この「水鳥」が僕の当時の淡い恋物語と繋がります。

 

この話は15年後の今だから話せる話です^^;(もう時効な筈なので・・・

 

当時僕が思いを寄せていた、同じくある洋服屋の店長をしていた女性とのお話です。

 

勘のいい、このブログの読者であれば、明日の内容はもう読めていることでしょう(笑

 

ヒントは上記の2行にあります^^

 

 

 

この社長の、ちょっといい話(第一弾)は⇒こちら

 

 

 

 

 

明日は『水鳥の思い出vol2』(淡い恋のお話)

 

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当にご来店いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

人の上に立つという事は、時として自分の感情を抑えなければならない場面があります。

 

上司は不安な顔を仕事仲間に見せられない時があります。

涼しい顔をしている時でも、内心はがむしゃらに、もがき苦しんでいることもあるのですね。

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^