温故知新

古きを温めて・・・

水戸黄門の放送が終了するそうです。

 

実はボクは水戸黄門のストーリーが好きです^^

 

あの予定調和の展開の中でも、水戸黄門が最後まで身分を明かさないストーリーが幼い頃から何故か爽快^^?でボクの好みでした。

 

今現在、42年目の放送になるそうです。

 

最後の物語はどうなるのでしょうか?マイクを置く代わりに^^、黄門様の杖か印籠がそっとどこかに置かれるのでしょうか?

 

時代が進むにつれて、古きが生み出されます!

 

新しいものを生み出すということは、古きをも生み出すのですね。

 

特にこの超高速の現在においては、新旧が目まぐるしく変わり、消費されていきます。

 

 

それもいいでしょう。

 

ただ、月並みですが、「良いもの」「好きなもの」は時代を超えます。

 

ボクは好きな映画、音楽は何度も何度も見聞きします。

 

どんなに古かろうと、時代遅れであろうと、好きなものは奪われません。

 

次にどんなセリフがあり、アクションがあり、メロディが流れることは当然全部把握しているのですが、それでも楽しめます。

 

言ってみれば、これもすべて予定調和です。

 

分かっているけれど、観るほどに、聞くほどにいつも感情に訴えかける何かがある。

 

 

新しきを知るということは、知的好奇心をくすぐります。そして古きを温めるということは、自分のルーツを確認することなのかもしれません。

 

 

ここでも、すべてはバランスだと思います。

 

温故知新とはすなわち、『バランス』なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当にご来店いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水戸黄門の最終回は見逃せません^^//

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^