smile

モダンタイムス

モダン・タイムス [DVD]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャールズ・チャップリンの映画はどれも通底する強いメッセージを感じます。

 

それは、「悲しみの中にも笑顔を味方にして希望を持とう!」というメッセージに僕には聞

 

こえます。

 

この映画『モダン・タイムズ』の印象的なシーンは、やっぱり有名なラストシーンです。

 

最後の約1分間の旅立ちのシーンが、この映画の全てを語っています。

 

What's the use of trying?・・・・・相手役の娘

(いくら努力してもムダだわ)

 

”Buck up-never say die. We'll get along.・・・・・・チャップリン

(へこたれないで、元気を出すんだ! 運は開ける)

 

この後、ふたりが手を繋いで明日(未来)に向かって歩きはじめます。

 

この時、チャップリンが娘に無言で「smileを見せて」と伝えるシーンがステキです。

 

 

チャップリンの有名な言葉があります。

「人生で必要なのは、愛と勇気と少しのお金」

 

 

この映画には、今の日本に(僕にも^^)必要な勇気と希望がたくさん詰まっていました。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

最後に流れる曲はチャップリン作曲の『smile』です。

 

僕の大好きな1曲です。

 

日本でもドラマの主題歌やCMに使われた、とても馴染み深い名曲です。

 

「ナット・キング・コール」や「エルヴィス・コステロ」「ダイアナ・ロス」そして・・・・

 

チャップリンのファンである「マイケル・ジャクソン」らがこの曲をカバーしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

あなたに素晴らしい笑顔が溢れることを願います。(smile)

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪斉藤 一人セラピー≫

「あなたの笑顔は、人も自分も助けるよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪のっくんセラピー≫

「笑顔を味方にしよう! 笑顔で人を幸せにしよう!」

 

それいいね~^^//

 

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^