だるまさんが転んだ世界

自分はいつも見ている・・・

昨日お店からの帰り道、公園で子供たちが「だるまさんが転んだ」をしていました。

 

懐かしいですね^^(昨今、都内では見られない光景だと思いました^^)

 

僕も昔よく遊びましたが、今考えると、よくこの遊び(だるまさんが転んだ)が成立していた

 

な~と思ってしまいます。

 

このゲームは究極、自己申告制だと思うのです(笑

 

どういうことか?というと・・・

 

鬼に当てられた(動いた!といわれた)人は、自分の意思で輪の中から外れますよね~

 

「いや、僕(私)は動いていないよ!」なんていう子はいなかったように思います^^

 

子供は素直にインチキなしで鬼の指摘を受け入れます^^

 

なぜでしょうか?

 

それは、子供は自分が動いたことを知っているから、自分に嘘をつけないから・・・

(もちろん例外はアリ^^)

 

今の大人(政治家)がこのゲームをやったら収集がつかなくなりそう^^;

 

だれも自分が動いたことを認めない、許さない、それどころか鬼の欠点を攻撃する・・・

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

たとえ誰も見ていなくても、「良いこと」も「悪いこと」も自分は見ています。

 

自分の行いは、一番近くにいて一番正直な自分がいつも見ています。

 

他の誰か(鬼)をごまかせても、自分はごまかせないのですね^^

 

みなさんも悪いことはできませんね~(笑

 

僕も今後は^^悪いことはしないようにします(笑

 

 

自分はいつも見ています。

 

 

怖い話だな~(サソリの話以上に怖いです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当にご来店いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪のっくんセラピー≫

「自分はいつも一番近いところで自分を見ているのでした^^」

 

怖い話だ^^//

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^