女神の前髪

僕の人生を変えた出来事

///////////////////////////////////////////////////////////////

 

僕が二十歳の時のお話です。

 

この話の舞台は当時の僕の職場です。

 

素晴らしい社長の下で働いていました(アパレル会社) ステキな社長とは⇒ こちら

 

当時この会社の新店舗として「京都店」がオープンしていました。

 

スタッフも全て京都の人を採用して約1年間営業していました。

 

しかし業績があまり良くありませんでした、当然各ショップの店長達の間でもそう

 

いう話が話題に上ります。{実は社長も気に悩んでいるらしいとか、どうするんだろう?等々

 

僕もその話の輪の中にいました。

 

 

その時、突然!

 

僕の前に「チャンスの女神」が通りかかりました^^ (呆れずにお付き合い願いますね

 

 

 

       ////////////////////////

       《皆さんならどうしますか?

≪もし今日みなさんがチャンスの女神とすれ違ったら・・・≫ 

        「どう声を掛けますか?」

            /////////////////////////

 

 

 

             

あっすいません、もしかしてあなたはチャンスの女神ですか? (聞いてみました^^ 

 

チャンスの女神は慌てた様子で「あっしまった!」見つかった!と思ったので

 

しょうか?

 

動揺した感じで前髪が揺れていました^^

 

 

 

 

 

              ////////////////////////////////////

             《もしあなたならここでどうしますか?

     //////////////////////////////////////////

 

      

 

 

 

 

僕はその瞬間、チャンスの女神に跳びかかり、前髪を鷲掴みにしてブンブン振

 

り回していました(笑

 

 

ふと振り返ると、他の店長達にはそのチャンスの女神は見えていないようでした。

 

その瞬間、僕の京都店店長就任が決まりました。

 

 

当時お世話になっていた新宿ALTAの支配人からは、「横山君がいなくなってど

 

うするんだ!」と言われました。

 

社長からは「ご両親には話したのか?」「彼女は納得しているのか?」と言われました。

 

実は誰にも相談していませんでした。

 

だだチャンスの女神を捕まえたい!という気持ちしかありませんでした。

 

その後、同僚にもその決断は「凄い」と言ってもらえました。

 

友達にも彼女にも「頑張れ」って言ってもらえました。

 

社長は無言で「頼んだぞ」と言っているように聞こえました。

 

 

 

僕はその後、第2のふるさと京都で「かけがえのない経験」をたくさんしました。

 

チャンスの女神さんありがとう^^//  (チャンスの女神は架空の者です、念のため^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の京都駅は今のような駅ビルもなく、新幹線ホームから駅に降りると京都が一望できました。

初めて京都駅のホームに降りたとき、足が震えたのを覚えています^^

いい思い出です。

 

 

 

 

≪のっくんセラピー≫

「チャンスの女神に出会ったら・・・鷲掴みで、ブンブン振り回そう」

 

それは・・・どうなのかな~^^;

 

 

 

 

 

『追記』

セラピスト・パーソナルモチベーターで作家の「石井 裕之」さんはこう言います。

 

誰でも、3ヵ月に1度はチャンスの女神に遭遇している!【そのことに気がついて!・・・と

 

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^