命がしゃべってる

あなたをおもう

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ドイツのある王様が、誰も見ていない夜中に、市街の真ん中へ、そっと大きな石を

 

置いて帰城した。

 

翌朝、酔っ払いの軍人が、その石につまずいて、倒れて頭を打った。

 

「だれだい、こんな往来に石を置いたやつは。ばかやろう、気をつけろ」

 

さんざん、悪口を言って立ち去る。

 

しばらくして、馬でかけてきた紳士が、間一髪で大石につきあたろうとして、立ち

 

止まった。

 

「ああ危ない。もう少しのところで、この石にぶつかって死ぬところであった。いた

 

ずらするにもほどがある」

 

ブツブツ小言をいって去ってゆく。またしばらくすると、1人の農夫が、荷車を引

 

いて通りかかった。

 

「なんだい、こんな大きな石を置いて。危なくて通れやしないじゃないか」

 

不平たらたら、石をけって通り過ぎた。

 

かくして、誰一人、この石を取り除く者はいなかった。

 

一ヵ月後、王様は、市民をその広場に集めて訓示した。

 

「実はこの石は、私が置いたのである。しかし今日まで、だれ一人として公益の

 

ために取り除こうとする者はいなかった。

 

これは私の治政の欠陥だろう。今日この石を、私が取り除こう」

 

王様みずから、石を動かした。

 

 

するとその下に袋があった。

 

その袋には『この石を片づけた者に与える』と記してあった。

 

その袋の中には宝石と金貨二十枚が入っていたという。

 

//////////////////////////////////////////////////////

東日本大震災を受けて、

 

日本がこれからの新たな世界をつくるために、その「旅立ちの時」がまさにかもしれません。

 

ここでの王様の石は、今で言うと何にあたるのでしょうか?

 

今まではこのようながあっても誰も見向きもしなかったけれど、そのをみんなで片

 

づけようという動きがあります。

 

この石を動かすのは王様ではなく、ここでいう軍人、紳士、農民、今この時代において

 

は全国民なのでしょう。

 

報酬?はだいぶ先になるかもしれませんが、今は1人1人が「与える事で豊かになる」と

 

いう気持ちの豊かさを報酬にして顔張っていけたらいいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当にご来店いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、

実は今日の本題はここからなんです^^

 

今日はこの動画を紹介したかったのです。(長い長い前振りですいません^^;

『東日本大震災によせて』

9分39秒、お時間のある方は是非!

クリック ↓ 

http://www.youtube.com/watch?v=TDy_6ya89q4

 

 

≪のっくんセラピー≫

「人がしゃべっているんじゃなくて、命がしゃべっているんだね」

 

それいいね~^^//

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^