カスタマーレビュー

価値観の相違

 

ネットショップの大手サイト「アマゾン」で書籍を購入している人は多いと思います。

 

この「アマゾン」のサイトの中で書籍の購入者による感想(評価)の項目があります。

その『カスタマーレビュー』という読者の感想(評価)を参考に本を購入するという方は多いのですが、僕は逆に自分の好きな本(読んだ本)のカスタマーレビューを見ることが好きなんです(面白いです)

 

ためしに、皆さんの一番好きな本の『カスタマーレビュー』を1度見てみて下さい。

こんなにも多様な解釈があるのか~とビックリすること(勉強になること)があります。

 

とくに一番評価の低いコメントを読んでみると、自分の感覚とのギャップにビックリすることが多々あります。

自分のお気に入りの一節が他人にとっては批判すべき対象になっているという、この価値観の相違が大きな気づきになったり、学びになることもあります。

 

最初慣れるまで違和感があるかもしれませんが、慣れると楽しめます。

 

ただ、たくさんの人の考え方に触れるというだけのことですが^^;

どの意見が良い悪いではなく、視野が広がるような気がします。

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は自分が良いと思ったところ(感動したところ)を批判しているコメントを読むと、怒りがこみ上げてきますが^^

でも1度意識的にでも受け入れると、そこから新たな世界が広がるかもしれません。

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^