ホットドック

何故不況になったのか?

まるで「落語」の演目にあるかのようなお話です。(オチが・・・^^

 

何故不況になったのでしょうか?

 

何故日本は10年も20年も不況を続けているのでしょうか?

 

もしかしたらこんな話にヒントがあるかもしれません!

 

それではみなさん、ご着席ください^^

 

では、始まり始まり~

 

/////////////////////

 

ホットドックを売って生計を立てている男がいた。

 

彼は耳が悪く、ラジオを持っていなかった。目も悪かったので新聞も読まなかっ

 

たが、それでも彼のホットドックの味は一流だった。

 

通りに看板を立て、「おいしいホットドックはいかがですか」と呼びかけると、道行

 

く人が、列をなして彼のホットドックを買っていくのだ。

 

彼は、自分の仕事に確かな自信と誇りを持っていた。

 

男はソーセージとパンの仕入れを増やし、たくさん焼けるように大型のコンロも

 

買った。

 

 

商売は大繁盛し、そのお金で息子を大学にやることができた。

 

やがて息子が大学から帰ってきたが、彼は知識が身についた代わりに悲観的な

 

人間になっていた。

 

「父さん、ラジオを聞かないの?新聞も読んでないの?今、世界的にものすごい

 

不況なんだよ。ヨーロッパもひどいし、アメリカはもっと悲惨なんだ。

 

ホットドック屋なんて商売も不況のあおりを受けてすぐダメになってしまうよ」

 

 

そのとき男は思った。

 

息子は新聞も読むし、ラジオも聞く。それに大学にまで行ったのだ。

 

息子の言うことは正しいはずだ。

 

男はソーセージとパンの仕入れを減らし、看板を引っ込めた。通りにスタンドを

 

出して売るのもやめてしまった。

 

もちろん、その日を境に売上は激減し、男は息子に言った。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、このお話も残すところ最後の一行になりました^^(というかひと言!)

 

この父親はこの不況を受けて息子になんと言ったのでしょうか?

 

あなたが父親なら息子になんて言いますか?

 

 

最後の一行は30秒後に^^

 

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、その日を境に売上は激減し、男は息子に言った。

 

「お前の言う通りだ。ひどい不況だな!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き寄せの法則だか、牽引の法則だか、類友の法則だか分かりませんが・・・

 

まさに不況が不況を呼んでいますね^^

 

この時期、自粛・自粛でみんなが弱気になっていますが・・・

 

しか~し!(笑

 

これからは強気だ!

と、日本一のメンター^^が言っています^^//

suimasen bokunitottteha sekaiiti desu (←フランス語です^^

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    みゆき (月曜日, 18 4月 2011 08:30)

    いつもステキな話をありがとう

    ほんと強気は大事だね~
    私一人でもやる!という人が増えていけば
    世界は変わるよね

    「不況は気分」って言う人もいるくらいだから
    世界が不況だから、自分も不況になる必要はないもんね
    私一人でも元気に笑顔でやってくさ~

  • #2

    同級生 (月曜日, 18 4月 2011 08:57)

      お邪魔します。このホットドックのご主人は、息子さんから辛い現実を聞かされてしまったけれどお客さん相手にしているお店には大事な必要な言葉だったかと・・・ご主人も冷静に真正面から、しっかり受け止めた。とても凄い家族と思います。でも、何故だか食べるものに関しては人間は何時までも覚えてるそうです。たとえ、お店が無くなっても。私も20年前によく行っていた喫茶店今でも・・・自粛ですが、誰かが・・「しないで。節電しながら何時もの生活を。お酒を飲むのも自粛するのではなく一品被災している所のお酒を飲んでくれれば・・二次被害にならず、私達も仕事をしなきゃと励みになります。応援は笑顔でしてほしいから・・・」と、言っていました。何だか被災地の方の方が元気は有るのかも・・・私達も弱気になってちゃ××ですね。私は、節電しか出来ませんが、なかよし弁当さんは頑張ってくださいね。^.^また、長々申し訳ない;.;

  • #3

    (月曜日, 18 4月 2011 10:46)

    みゆきさん、いつもステキなコメントありがとうございます。

    強気は以外に難しいです、精神的に「タフ」でないとね^^
    でも、とてもとても大切なんですね!
    あらためてこの時代には特に大事だな~と思いました。

    まさに不況は気分ですね!
    この父親もそのままソーセージとパンの仕入れを増やして、お店の看板も通りのスタンドもそのまま出していたら、もっともっと豊かになった事を考えると、弱気な気分は大敵です^^


    「私1人でもやる」と元気に笑顔でやっていると、「私1人だけにならない」から不思議です。
    いつの間にか、「私の周りはみんな元気に笑顔に」なっている・・・
    世の中面白いこと、不思議なことばかりです(笑

  • #4

    なかよし(兄 (月曜日, 18 4月 2011 11:07)

    同級生さん、こんにちは!
    コメントありがとうございます^^

    そうですね~
    僕もステキなレストランやカフェはいつまでも覚えています!
    不思議だね~

    自粛のくだりの「応援は笑顔で」っていいですね~
    僕もそう思います。
    『私は節電しかできない』は『私は節電ができる』かもしれない。
    『私は募金しかできない』は『私は募金ができる』かもしれない。


    僕の好きな言葉があります。
    ヘンリー・フォードさん(自動車の育ての親と言われた、フォードモーターズ創設者)の言葉です。

    【自分は成功すると信じている人がいる】
    【自分は失敗すると信じている人もいる】
       【彼らのどちらも正しい】

    これはとても「深いい^^」言葉だと思います。
    不況を信じている人がいる・不況を信じていない人もいる。
    そのどちらも正しい(笑い

    その思ったとおりになるらしいです^^

    いつもありがとう!
    感謝しています。

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^