儚い命

はかない命

いつ終わるかわからない命

 

東関東大震災

 

言葉になりません・・・

 

天災とはいえ、何故?と思うのは僕だけではないと思います。

 

これだけ多くの想いが一瞬にして散ってしまう

どれだけ多くの志しがあったのでしょう・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ただ、

この事を「こんなに悲劇的な」という話にもっていくのでなく、

この状況から少しでも未来を感じさせる話がしたいのです!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

残された家族(親族)の気持ちを思うと、軽はずみなことは言えませんが、

それでも、亡くなった方の分まで生きよう、復興に力を貸そう!と思わずにはいられません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日という日は、

 

昨日亡くなった人が、なんとしてでも生きたかった日です。

なんとかして、生きようとした日です。

 

 

そんな今日1日を大切に生きようと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何故僕が、命についてこんなに重い事を語るかというと・・・

数年前のある本との出会いがあったからかもしれません。

 

その本の中で戦争について書かれた、ある一節が忘れられないのです。

 

ここに紹介します。

 

以下

 

「戦争で命を投げ打ってくれた人たちは、自分たちの子ども、孫たちが、素晴らしい日本をつくってくれることを信じ、犠牲になった。

そのことは、どんなことがあっても決して忘れてはいけない。

その犠牲に恥じない世の中を、1人ひとりの日本人が創っていく責務があるんだよ」

 

 

                      神田昌典  「人生の旋律」 より抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なんだか今日は、とても重い内容のブログになってしまった^^

 

HAPPY SUNDAY らしからぬ記事・・・

 

すいません^^;

 

来週からまた、のっくんのハッピーラッキー^^?なブログの更新をしていきますね(笑

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の記事で過去のブログを思い出しました。

これです⇒最後だとわかっていたなら・・・

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    同級生 (月曜日, 14 3月 2011 12:32)

    こんにちは、本当にテレビを、見ていると辛い。今は、力を落としてしまってる方が、大勢いるかと・・・私も、何かを力になりたい・・・けど、自分の子供から目を離すわけには・・・情けない・・・今は願う事しか自分には・・・きっと立ち上がってくれますように・・・ 誰かが言ってました。生きてる時間は「ありがとう」を、言う時間なんんだと・・・これ、わかるかな・・・             

  • #2

    なかよし(兄 (火曜日, 15 3月 2011 23:41)

    同級生さん、
    コメントありがとうございます!

    ある人が言いました、「ありがとうの数を数えよう!」
    自分が言った「ありがとう」の数だそうです。

    「ありがとう」って、感謝っていうことですね^^
    なかなか普段意識できませんが・・・
    でも今回のような天災があると必ず思うことがあります。

    それは、
    「あたりまえの事は、実は全て感謝すべき対象なんだ」ということ。
    電気が使える、綺麗な水が飲める、家があって屋根もある、着る服がある、毛布もある、朝 目が覚める、生きている。

    普段は忘れていますが^^;

    全ては感謝すべきこと!だそうです^^



お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^