落語に嵌る

落語とは宇宙!

最近、落語に嵌っています。

ただただ面白いのです^^

 

 

桂 三枝さんが言いました(テレビ番組 ソロモン流?)

「古典落語は明治、江戸の生活を現代に伝えている」

「新作(創作)落語は昭和、平成を伝える」

後世の人達が僕の新作落語を通して、昭和・平成という時代の人々の生活を知って貰えたら嬉しい。

 

こんなビジョンて素敵ですね!

自分が生きた証が後世にまで残るという事!

 

自分の事ではないのに、こんな話を聞くとワクワクしてしまう自分がいます^^

僕自身もこの様に、何か世の中に影響を与えたり、有形無形問わず小さくても残すものがあればいいな~と(密かに^^)思います。

 

 

そういう意味で、3月20日に久喜総合文化会館で行う「映画上映会」においても、

例えば50人の方にご来場いただけたとして、その中で2人・3人の方でも、観終った後に何かが変わったと思って頂けたら、それでもう僕にとっては充分にこの上映会は「成功」と言えるのです。

 

 

今後、僕の活動の原点は全てこの事をベースにして行っていきます。

(以前からずっと変わっていないのですが・・・あらためて^^;)

 

サッカーでいうところの「アシスト」のような事なのかもしれませんが、

こんな事にワクワクするのでしょうがないのです^^

 

このブログでも、その「アシストハッピー計画?^^;」の進捗状況を今後も報告していきます。

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

僕にとって落語は「宇宙」です。

笑いの宇宙。

          (桂 三枝)

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^