心が洗われる挨拶

朝日新聞「声」欄から・・

福島県、南相馬市 横山さん(家事手伝い)

 

タイトル「子供の挨拶に力をもらう」

 

最近、知らない子から挨拶をされる。

{さようなら}{こんにちは}

小学生や高校生からの登校時や道端(校外)でも挨拶をされる。

決して規則だからしている様でもなく、自然な感じの挨拶。

 

明るい無邪気なエネルギーの何と力強いことか・・・

受け身な自分に気が付いて、我に返る!

心が洗われるような挨拶がとても気持ちがいい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たしか、上記のような内容だったと思います。

 

僕も最近同じことを感じています。

お弁当の配達などで学校へ行くと、子供達から挨拶してくれます。

 

驚くのは、中学生や高校生でも同じように挨拶されるという事。

決して言わされている感じでなく、自発的に自然に・・・

僕が学生だった時のことを思い出すと恥ずかしくなります。

今でも恥ずかしいのですが^^;

大人の心をも洗ってしまう挨拶には力があり、エネルギーが満ち溢れています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近の10代には他の世代に無い、新しい感性を感じます。

上手く言えませんが、

今までに無い「新しい考え方」「価値観」「人生感」がそこにある気がしています。

それは、とてもポジティブな意味で・・・

 

例えば、

既存の大人の価値観に踊らされていないように見えます。

大人が当たり前に重要視しているものでも、実際に価値の無いものは見抜いている(冷静に

特に本当の豊かさについて、お金や生活レベルだけではない「何か」を感じ始めているようにも見えます。

 

考えすぎなのかもしれませんし、もちろん今の全ての10代がそうだと言うわけではありませんが、確実に新しい価値観がここから生まれてくる感じを受けます。

 

 

そんな今の10代に是非観ていただきたいのが・・・「これ」です^^

僕も10代の時に出会いたかったな~とある友達に言ったら・・・

のっくんは、今この映画に出会ったことに意味があるんじゃない?と一蹴されました^^

まさにそうですね、

「全てはベストなタイミングで起こっている」

そんなことを信頼しようと思います^^

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

昨日は、幸手市中央公民館に「てんつくマン映画上映会」のチラシを置いていただきました!

館長の尾崎様に趣旨を説明したところ、何と!幸手市の他の公民館(5箇所)にもチラシを置くように手配しますよ!と館長自ら提案してくれるそうです^^

凄いな~と思いました!

この方には何の関係も無い、今日始めて聞いた話に館長自ら動いて各公民館に配ってくれるという事。(損得計算ではできませんね^^

 

器の大きい人(凄い人)は身近にいますね!

 

ヒーローはあなたのすぐ側にいる

               (てんつくマン)

 

 

僕は何もしないで、

幸手市の全ての市民の皆さんに「この上映会」の存在を知ってもらえるという幸運(笑

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^