雪の中のjazzと雪の中のビラ配り

幻想的

今日は雪の中、配達や買い出しで車を運転している時間が長く、久しぶりにハンドルを握りながらJAZZ(ジャズ)を聞いていました。

 

雪の中のジャズも良いものですね~

切ないピアノの音とサックスの響きが幻想的な車内からの風景と絡み合ってとてもいい気持ちでした。

 

仕事の合間に、久喜総合文化会館の近所の江面小学校に行き、てんつくマン映画上映会のチラシを置いてもらいました。

近所だから、たくさんの親子が来てくれるといいな~^^

 

 

今日は、夜に久喜駅で「てんつくマン映画上映会」の宣伝の為、チラシ配りをしました!

雪の中のビラ配り、侍(仲間)が10人程集まりました^^

後々、何かの物語になりそうな情景がそこにはありました。

 

そして、やはりこのような行動には天が味方するのでしょうか・・・

仲間が僕の方に走って駆け寄ってきてこう言いました。

「今、チラシを配った人(受け取った人)に差し入れを貰ったんです」・・・と

あったかい缶コーヒーをスタッフの人数分その手に持っていました!

 

僕は一瞬???でした^^

何で?

 

とにかく走って仲間と一緒にその缶コーヒーをくれた紳士を追いかけましたが、後一歩の所で、タクシーのドアが閉まってしまい、お礼を言う事ができませんでした。

 

詳しく聞くと、その紳士(天の使い^^)はチラシを受け取って、こう言ったそうです。

 

「僕は今出張で久喜に来ていて、この3月20日は久喜には居ないから行けないんだ」

 

そして、その方はそのままコンビニの方に歩いていき、温かい缶コーヒーを人数分買って戻ってきたと・・・

「がんばってね」と言ってすぐさま去って行った^^;

カッコイイ、格好よすぎです^^

僕の思うところ、この紳士は「天の使い」です(笑

 

ドラマがありますね~^^

 

なんというか、この過程(道のり)が楽しいです。

そして、もっと僕がワクワクするのは上映会後の世界の変化です。

 

 

ゴールは上映会が終わった時でなく、その後の新しい世界です!

 

 

 

 

昨日も雪の中、なかよし弁当にご来店いただき、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

10人の侍に感謝!

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^