1500m走

小学生時代のストーリーテリング

たしか、小学4or5年生の時の事です。

 

体育の授業で1500m走があって(校庭を何周も回るあれです)

一生懸命走ったら、クラスで3位になりました。

 

 

僕の小学生時代は、特に何か好きな物があるわけでもなく、得意な物が有るわけでもなく、平凡な毎日でした。

 

何をやっても、可もなく、不可もなく・・・

俗に言う、パッとしない少年の日常に、ある日「3位になった」という出来事^^

 

 

嬉しくて、嬉しくて・・・

次の日から、放課後一生懸命校庭を走りました(笑い)

 

 

でも、その時(3位になった時)は実は、普段速い友達がたまたま数人休んでいたんですね^^

 

そんなことにも気が付かず、「3位は凄い!」という思いだけで舞い上がって、毎日練習しました。

夕方、担任の先生が帰る頃まで走っていたので、そうとうな練習量だったと思います。

 

そして、

数日後また体育の授業で1500m走を走りました。

結果3位でした。

でも、1つ違う事がありました、それは「全員参加の3位」だった事^^

実力の3位だった!

 

 

こんな小さな、小さな経験を今でも覚えているという不思議^^

こんな小さな、小さな成功を良い思い出としてとってあるという事。

 

こんな小さな、小さな出来事がベストなタイミングで、今日という日のために起こっているのだとしたら面白いな~なんて思いました。

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも、必ずどんなことも、いつかのいい日のためにあるんだ!

                                (山元 加津子)

 

今日がどんなにいい日でも、明日はもっといい日

                           (加藤 みゆき)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    みゆき (木曜日, 10 2月 2011 12:49)

    この間は、ありがと~
    自分の名前があって、腰ぬかしちゃった
    ひとりさんの言葉だよ~ん
    すごい好きな言葉だけどね

    借りた本、夜中に読んだらも~だめだ~
    これは、静に入り込んで読みたいですな

  • #2

    なかよし(兄 (金曜日, 11 2月 2011 02:33)

    みゆきさん、コメントありがとうございます^^

    言葉マイスター(笑)でもある、のっくんとしては
    コレクションしたい名言です!

    僕のコレクションの数々をいつか必ず世の中に出しますので、
    またその際にはお力をお貸しくださいね^^

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^