「友人の手」

 祈りの手, 1508-09 アートプリント 

ある若者が絵の勉強をしていましたが、生活が苦しかったために勉強に打ち込むことができませんでした。

 

そこで彼は一緒に勉強していた友人に、まず1人が絵の勉強に打ち込めるように、もう1人が生活費を稼ごうと提案しました。

 

話し合いの結果、最初に生活費を稼ぐことになった友人が鉄工所で働いて、絵の勉強をしている彼に、毎月お金を送りました。

 

数年後、絵の勉強に専念できた彼の木版画が売れるようになりました。

彼は働いてくれていた友人に、

 

「今までありがとう。今度は私がお金を送るから、絵の勉強をしてほしい」

と話しました。

 

しかし、その時には友人の手は激しい労働のために傷ついて変形し、もはや繊細な絵を描けなくなっていました。

彼は、

「絵が描けなくなった友人が自分を恨んでいるかもしれない」

と思って悩みました。

 

ある日、彼は友人が神様に祈っている姿を見つけます。

 

何を祈っているのかが気になって近ずいてみると、友人は傷ついた手をしっかりと合わせながら、彼の絵が売れるようになったことを神様に感謝していました。

 

自分のことを恨んでいるどころか、友人は神様に祈りをささげ、感謝してくれていたのです。

 

友人の心を知った彼は、号泣しながら、その姿を絵に描きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この若者はドイツの有名な版画家、アルブレヒト・デューラーです。

 

 

友人の祈っている手の姿を描いた「祈りの手」は彼の不朽の名作になりました。

 

 

 

 

友人に対する想いを込めた力作!

多大な感謝がデューラー自身の大きな力になった。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

でも、なんと言ってもこの話の主役はこの友人ですね!

人の幸せ、成功を純粋に喜べる、感謝できる!

 

この友人がこの「祈りの手」を名作にした!と言ってもいいのではないでしょうか?

凄い話だな~

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^