てんつくマン映画上映会 「映画」

笑えば馬鹿だと思われるかもしれない・・・

アメリカのジャーナリスト 「アン・ランダース」 さんが、あるコラムで紹介していた詩です。

 

 

笑えば、馬鹿だと思われるかもしれない

 

泣けば、軟弱だと思われるかもしれない

 

人に手を差し伸べれば、最後まで面倒を見なければならないかもしれない

 

本音を言えば、反発されるかもしれない

 

夢を語れば、嘲笑されるかもしれない

 

人を好きになれば、傷つくかもしれない

 

危ない橋を渡れば、失敗することもあろう

 

けれども橋は渡らなければならない

 

渡らないことこそが、人生で最も危険なことだからだ

 

安全なことしかしない人間は、何も達成できない

 

何も得られないし、何者にもなれない

 

落ち込んだりつらい思いをしない代わりに、学ぶことも、感じることもできない

 

変わることも、成長することも、愛を知ることもできない

 

安全という鎖につながれた奴隷だ

 

鎖から解き放たれることを恐れない人こそが、真に自由なのである。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

映画⇒「天国はつくるもの」はまさにこの詩のようです。

 

リスクを恐れずに挑戦する物語、その姿勢を魅せてくれます。

 

 

そして僕がこの映画にたった1つのキャッチコピーを付けるとしたら・・・

それは・・・

 

「一寸先は光」

 

僕には、めいいっぱい手を伸ばした1ミリ先に輝く「光」が見えました。

 

 

そんな映画の上映会を開催します。

 

 

3月20日(日曜日)

久喜総合文化会館小ホール(300席)

お昼頃スタートです^^

 

 

皆さん是非、是非、是非・・・遊びに来て下さいね^^

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

近隣の学校の関係者の方、このブログご覧になっていないかな~

なかよし弁当ではいつもお世話になっていますが^^

映画上映会の方も宣伝して頂きたい・・・なんて調子良すぎかな^^;

 

子供は入場無料ですよ~^^

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^