僕のストーリーテリング

ハッピープロデューサーの原点^^

僕が、「幸せ」や「楽しさ」や「嬉しい」や「感動」をプロデュース(多くの人と共有)することに喜びを感じるようになった原点のお話です。

 

このお話のゴールは「ハッピープロデューサー」になること^^です。

それでは、始まります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

僕が、20代前半の頃の話です。

その当時、京都に住んでいました。

 

その頃、自分でパーティーを開いて、京都でも一番大きいクラブ(音楽を流して踊って楽しむスペース)でお客さんを呼んで、夜遊びを楽しんでいました。

 

どうすれば、たくさんのお客さんに来てもらえるか?

どうすれば、来てくれた友達、声をかけた知り合い、チラシを見て来てくれたお客さんに楽しんでもらえるか?

どうすれば、盛り上がるか(笑い

それだけを常に考えていました。

本当にそれが切実な問題で、悩みで、楽しみでもありました。

 

そのパーティーの内容は、レコードを流す(DJ)がいて、その合間に地元の京都のバンドや東京からバンドを呼んでライブをするというイベントでした。

 

ギャラ(報酬)は、友達のDJにはお酒を奢って誤魔化していましたが^^

バンドを呼ぶとさすがにお金が掛かります、特に東京から自分の好きなバンドを呼んだりすると、時には大移動なので、結構な出費です^^

それを、お客さんを呼んで、入場料を貰ってペイする(賄う)ので、結構必死なんですね(笑

文字通り、「真剣に遊んでいました!」

 

 

そこで、その時に僕が気付いたこと・・・

それが今日のテーマ?^^「ハッピープロデューサー」に繋がります。

 

そうです・・・

どうすれば、もっと多くのお客さんに来てもらえるか?

ということは、

どうすれば、今この瞬間を盛り上げることができるのか?ということ

だとしたら・・・

どうすれば、たくさんの人に踊ってもらえるか?です!

 

 

どうすればいいのでしょう?

どう思われますか?

 

 

有名なDJを呼べば良いのでしょうか?人気があるバンドを呼ぶべきか?

もっといい場所を見つける?人気のある曲をDJにかけてもらう?

お酒を振舞う^^?

 

僕はフロアーが見渡せる位置でず~っと考えていました。

 

よくよく見ていると、盛り上がる(踊っている人が多い)時間と、そうでない時間帯があります。

 

それは、なにが違うのか?

 

その時、僕の目にした光景にヒントがありました!

 

それは、

その盛り上がっている時間帯に、お客さんがどこを見ているのか?ということ・・・

 

 

かなり、本質に近くなってきましたね!

みなさんは、どう思われますか?

 

 

お客さんはその時、音楽をかけている DJ を見ているんです。

そして、盛り上がっている時の DJ は決まって共通点がありました。

 

 

その DJ の共通点とは・・・

「お客さんより楽しんでいるんです」

「お客さんより踊っているんです」

「お客さんよりバカをやっているんです^^」

 

 

本質は(真実は)単純(シンプル)ですね^^;

でも、これが中々やるとなると難しいんです!

とかく DJ は格好をつけたり、冷静でいたり(緊張)するものなので(泣

 

でも・・・僕は本当の意味でこの事に気が付いて、大きな学びを得たと今は思えます。

その後、ビジネスでもプライベートでも何かが大きく変わりました。

全ての人との関わりの中で、この経験が生きているように思うのです^^

 

 

さてさて、

ゴールは「ハッピープロデューサーになる!」ことでした(笑

 

お客さんは ⇒ 楽しんでいる DJ を見て、楽しくなる(盛り上がる)

僕は     ⇒ その楽しんでいる(盛り上がっている)お客さんを見て、嬉しくなる^^

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日ご来店いただいたお客様に「なかよし弁当」の名前の由来は?と聞かれ^^

その答えを掲示板に載せてあります。⇒ 掲示板

この答えもとてもシンプル^^。

大切な事こそシンプル(簡単)なのかもしれません^^

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

  

  

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

★お客さんに楽しんでもらうには、自分が1番楽しむこと(お客さんよりも数倍?^^)★

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^