ルールを破った少年

「熱い気持ち」

ある、大きな注目が集まっていたサッカーの試合。

強豪校同士の試合での出来事。

 

その試合の終了間際に、ある少年が交代で投入されました。

この少年は、試合の経験はなかったものの、人一倍強い愛校心と情熱の持ち主で、「今すぐゴールしないと勝てないという思いから、ボールに手で触れてはいけないというルールを忘れてしまいました。(←サッカーではハンドという反則)

 

彼は(時間が無いことがわかると)手でボールを抱えて、観客が唖然とする中、ゴールに向かって走り出した。

他の選手や審判はあっけにとられて立ちつくしていたが、観衆は少年の熱い魂と意表を突いた行動に興奮し、喝采を浴びせた。

 

あまりの出来事に、試合の結果など、どうでもよくなってしまった^^

 

こうして新たなスポーツが誕生しました。

 

 

それが「ラグビー」です。

ラグビーの発祥国であるイングランドには、

ボールをとろうとかがんでいる少年のモニュメントがあります。

この彫像の台座には、こんな言葉が刻まれています。

「ルールを破ってみようと思った者が、ボールを抱えて走り出した」

 

 

ラグビーは、議論を重ねたルール変更によってつくられたのではなく、一人の少年の情熱(熱い気持ち)から生まれたのでした^^。

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^