七人の侍

仲間の見つけ方

黒澤 明監督作品の名作です。

3時間を超す長編ですが、時間を感じさせません。

 

商品の詳細

 

 

野武士が野盗化していた戦国時代を舞台に、貧しい百姓たちが侍を雇い、全力をあげて野武士の群から村を守ろうとする姿を描く。

・・・とストーリーはこの位にしておきます^^

 

このDVDのジャケット「三船 敏郎」さんです。

なんだか凄いですよね^^

このジャケットを見ただけで、私の好みじゃない!という方、その気持ち分かります^^

こんな、戦国時代に興味はない!争いごとも好きじゃない!男臭い感じも嫌!

分かります^^

なので、オススメはしません。

 

僕も普通であれば、手にしない映画です。

黒澤監督作品も今回初めて観ました!

あるきっかけがあって、この映画にたどり着きました。

 

 

僕の感想だけ書き込みますね^^

 

この映画の前半に、百姓たちが七人の侍を集う過程が描かれています。

その侍がひとり、またひとりと仲間を増やしていくプロセスが面白いです。

あ~、仲間ってこうやって見つける(増やしていく)のか・・・・と思いました。

最初の1人は百姓の志しに感銘を受けて、命を落とすかもしれない仕事を引き受けます。

2人目は、その最初の1人目の侍(リーダー)からスカウトされ、こう言って仲間になります。

「わしは、百姓を助けるというより、おぬしの人柄に惹かれて付いてまいる」

 

という感じで7人集まります。

報酬は腹いっぱいのご飯です!(使命は村を野武士から守るという、命がけの仕事)

まさに、これ→ 「物差しよりも志し」です^^。

決して、損得ではない決断がそこにあります。

お金でなく、志しで集まる人の絆が描かれていきます。

 

7人の侍が村の百姓たちのモチベーションを上げる場面も随所にみられますが、これなんか、まさに現代にいう「コーチング」そのものです(笑

 

ラストシーンのセリフです!

「戦いにおいて勝者はいない」

 

戦っている(争っている)時点でもう勝者は存在しないということ?

敗者は奪われ、勝者も傷つく・・・

争いは敗者しか生まない!

 

 

この映画、

見方を変えるとたくさんの学びがあります。

人それぞれ・・・

仲間を探している方。

人を育てたいと思っている方。

チームの方向性を試行錯誤している方。

適材適所に人を配置したいと悩んでいる方。

「lose lose」 「win lose」でなく「win win」を築きたい方。・・・等等

 

 

もちろん普通に観ても、楽しめるのは言うまでもありません^^

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当にご来店いただきまして、ありがとうございました。

いつも感謝しています。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故か、この映画を観て、昔話の桃太郎の話を思い出しました^^;

「桃太郎」と「犬」と「サル」と「キジ」と・・・なんだっけ^^

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^