風が吹くと、桶屋がもうかる

ことば遊び

昔の「ことわざ」です。

一般には、こういう解釈ですね。

 

1)まず風が吹くと、砂ぼこりが舞い砂が目に入る。
2)中には砂ぼこりで目が不自由になる人も出てしまう。
3)目が不自由な人が増えると三味線を生業にする人が増える。
4)三味線を作るために猫の皮が必要になる。
5)猫が減ると、ねずみが増える。
6)ねずみが増えると、桶(おけ)がかじられる。
7)桶の修理で桶屋が儲かる。

 

 

でも、上記の答えを知らない方が、こんな素敵な繋げかたをしました!

 

①風が吹くと、落ち葉が風に舞う

②落ち葉が風に舞うと、詩人が喜ぶ

③詩人が喜ぶと、いい詩が生まれる

④いい詩が生まれると、それを読む人に恋心が芽生える

⑤恋心が芽生えると、赤ちゃんも生まれてくる

⑥赤ちゃんが生まれると、湯あみの桶が必要になる。よって桶屋はもうかる!

 

 

どちらの発想も素晴らしいですが・・・

前者は昨今、あまりピンときません。

後者も現実味がないのは前者と同じですが、ちょっと優しい気持ちになりますね^^

人の解釈が変わると、

ねずみがかじる話が、赤ちゃんが生まれる話になってしまう(笑

 

 

ちょっと話が逸れますが・・・

こんな言葉を思い出しました!

ある女性が思いついた、とても奥行きのある言葉(格言)

これです、

 

 

 

 

 

 

 

「真ん中も、右から見れば左」

  

  

  

  

  

  

  

  

当たり前だ!

と思ったそこのあなた^^

そうです、当たり前なんです(爆

  

  

解説するまでもありませんが・・・

一応^^

「あなたの正面に置いてある花瓶を対象に考えて、

この花瓶は、あなたから見て、真ん中にあります(これは正解、正しいです^^)

  

だけど、あなたの右隣にすわっている方から見れば、

この花瓶は左に見えます(これも正解、正しいですね^^)

  

要は、その人の立ち位置によって違って物事は見えるということ。

でも問題は、どちらの人も自分は正しいと思っているということ!

育った環境や好み、美意識、価値観という立ち位置がちがうのだから答え(考え)が違ってくるのは当たり前なのかも^^

  

 

当時中学3年生だった、この格言の作者は、

これに気付いた時に、同級生(友達)の違った意見を認められるようになったそうです^^

 

この作者は、現在「伝説のホテル」を建設中の鶴岡 秀子さん。

 

 

 

今日は何の話だったのか?というと、

「風が吹くと、赤ちゃんが生まれる」という話^^・・・・・違うか^^;

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています!

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は「池上さんと宇多田さん」に思うこと?

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^