晴海22歳の闘病日記

「小さな点」のご紹介

このブログでは、これまであまりネガティブな記事はなかったように思います。

・・というか僕(本人)は、ポジティブな事しか書いていない気がします。(←体質です^^

 

今日のブログは、

以前ご紹介した、もし世界が100人の村だったら ⇒ こちら に続く、第二弾です。

 

今回は、今現在あまり体調の良くない方や元気の無い方にはオススメできません。

というのは、素晴らしい実話ですが・・・今日のタイトル通りのお話なので^^;

それと計1ヶ月にわたる日記なので、読むのにとても時間が掛かります^^;

 

それでも、今とてもハッピーで健康すぎる、そこのあなた!(笑)には見て欲しいです^^

 

上記の「もし世界が~」と同様、数年前から僕のPCのお気に入りに入っているサイトです。

 

下記をクリックして、そのページの一番下の記事まで移動(スクロール)して、

タイトル「僕のこと」11月26日から順に、上に移動しながら(時系列に)読んでみて下さい。

計4ページあります!

4ページ目の(下)からスタートです、次に3ページ目、2ページ目、1ページ目と時系列に・・・

それでは、時間のある方のみ、こちらです→22歳の命(魂)のブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

如何でしたでしょうか?

どのような受け取り方もできると思います。

 

途中、タイトル「早々と白旗」の記事はたった2行です。

にもかかわらず、この記事に対するコメント49件あります。

想いの凄さ(強さ)を感じます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

以下、晴海くんのブログより引用させて頂きます。

 

僕が生きるはずだった何十年かを、

他の何人もの誰かが生きてくれるんだったら、

僕はちょっと幸せかもしれません。

・・・・

でも、たぶん僕は分けられるだけの命をもう

全部分けてしまっているのでしょう、

そう思うと納得がいきました。

僕が分け与えた命が充分に長いものであるよう

願わずにはいられません。

 

 

僕のブログがある日終わっても

どんな人にも必ず誰かの支えになれることを、

どんな人にも必ず誰かの支えがあることを、

覚えていてほしいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

22歳の精いっぱいの気持ちだと思います。

 

今日、12月27日は晴海くんの命日です。

もうあれから6年です・・・

 

 

 

 

 

 

 

一昨日、昨日となかよし弁当では、オードブルのご注文をたくさんいただきました。

ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

人が死んでも、「かわいそう」ではなく「私が代わりに生きます」と思いなさい。

                                  (永井 守)

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^