パッチ・アダムス

逆境が、後々自分の人生の物語になる

世界一の医者を目指した、実在の人物の物語。

 

商品の詳細

 

 

 

 

 

 

 

町医者として12年間、15万人を無料診療したハンター(パッチ)・アダムスを描いています。

 

とても、実話とは思えない奇跡の物語!

この物語で、パッチは2度、人生の底を体験します。

 

1度目は、自身が自殺未遂で入院する事

2度目は、愛する彼女を殺される事

 

しかし、振り返ると、この2度の逆境がなければ、パッチの志しを支え、偉業を成し遂げることは出来なかったのではないか?と思うのです。

 

1度目は、自殺未遂で入院し、そこで患者仲間から教わったこと・・・

「(人)を助ければ、自分の悩みを忘れられる」

「僕は(人)を助け、大きな歓びを知った」

生まれて初めて、自分の悩みを忘れた。

それが、信じられなかった!

 

 

僕が想うことは、やっぱり人を励ましたり、助けたりすると

実は、自分自身が救われたり、元気になったりするということ。

 

この映画の中で、パッチはこう言っています。

「私はすべてを失いましたが、同時にすべてを得ました」

僕は、ここに共感しました。

{一寸先は闇}と言いますが・・・実は{闇}と同時に{光}が見えているんじゃないかと思うのです。

僕は「一寸先は光」派です^^

 

 

2度目の人生の底は、愛する彼女との永遠の別れ。

そこで、パッチが彼女の墓前で読んだ、彼の詩はこう続いていました。

 

「知らぬ間に愛していた」

「いつ、どうしてか」

「君を愛す・迷いも・誇りもなく・ただ素直に」

「愛さずには、いられない」

「心は1つ」

「君のこの手は、僕の手」

「君が目を閉じると、僕も眠る」

 

 

 

 

 

医療関係のお仕事をされている方は、特にオススメかもしれません。

改めて、気が付くことがあるかもしれません!

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用いただきまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

「一寸先は

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^