本に愛着・紙にも愛着

犯罪者の部屋には本がない?

僕は本が好きです。

本を読むときは、その本の著者の気持ちになって読みます。

そうすると、何だか著者と友達になった気分になります。(←たぶん僕だけでしょう^^)

著者と波動?が合うと運気がUPする気がします。(←たぶん僕だけでしょう^^;)

 

ある犯罪心理学者が調べた統計によると、

「犯罪者の部屋には本がない」そうです。

 

ある手相鑑定士(西谷先生^^)がいうところによると、

「五百冊の本を読むと、手相が変わる」そうです。

 

 

僕は最近話題の電子書籍(ipadやキンドル)にはあまり興味がありません。

本という物質そのものに愛着がある感じです^^

もっと言うと、本の中の紙にも好き嫌いがあります(笑

この質感(触った感触?)がいい!みたいな・・・

ちょっとマニアックですね^^;

 

 

先ほど確認したところによると・・・

僕の今現在読みたい本リストの数は24冊でした^^;

これは、速読でもしない限り追いつかないような気がします。

読みたい本は日を追うごとに増えていくので・・・

どうしたら良いのでしょうか^^

でも「読みたい本がある」ということだけでも、幸せなのかもしれません。

本を手にできる環境があって、その本が読める(文字がよめる)ということ。

 

以前紹介させて頂いた⇒ 動画で見る100人の村

に地球が100人の村だとして・・

その中の80人が標準以下の、居住環境に住み

      70人が文字を読めず

      50人が栄養失調だという項目がありました。

 

なんでも、当たり前になると見えなくなる事があります。

「見なくなる」のかもしれませんね。

 

何だか・・暗くなってきました^^;

・・・・・・・・・・・・・・

しか~~し

そうは言ってもやっぱり読書は面白い!

速読でも何でもいいので、たくさん本を読みたいな~^^

 

 

 

 

 

昨日もなかよし弁当をご利用頂きまして、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

 

過去のブログは・・・こちら

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、「立ち読み」って本を早く読んでる気がしませんか^^

本屋さんでも、立って読んでいると、普通に座って読むより早く読めてる気がします。

いや、絶対そうだ!

速読・・・

イコール 立ち読み(笑

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^