バイバイ。

小さいメッセージに気付きたい

昨日は多くのお客様にご来店いただき、忙しい1日でした。

 

そんな中・・・

ある親子(お母様と男の子)にご来店いただきました。

男の子はまだ小さく(幼稚園かな?)お母さんもいろいろと手を焼いている感じ^^

とても元気な男の子でした。

 

お会計が済んで、帰り際のワンシーン^^

 

お母さんが男の子を前に抱えて、出口の方へ歩いていきました。

お母さんは出口を向いています。

 

僕は次のお客様のお弁当の用意をしようと思い、

僕もお客様に背を向けようとした時

ふと、視線を感じました^^

そうです。

男の子の・・・・

真っすぐな視線。

男の子は体勢的にこっち向きでした^^

 

お母さんの肩口からのめいいっぱいのバイバイ

見逃すところでした(笑

 

 

この男の子は長い待ち時間、めいいっぱい遊んでいました。

その、この男の子なりの「ありがとう」だったのかもしれません。

めいいっぱいの「バイバイ」

 

見逃すところでした^^

 

 

「バイバイ」=「ありがとう」 そんな気がしました。

 

 

そんな、ワンシーンとの出会いのお話でした。

 

 

お時間あれば、こちらもおねがいします⇒ こちら (ちょうど1ヶ月前)

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日もたくさんのお客様のご来店、ありがとうございました。

感謝しています。

 

 

 

 

 

 

過去のブログはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になると、分かりやすい(言語)メッセージしか反応出来なくなるのでしょうか?

子供のメッセージは多彩です。

子供から学ぶ!ということ。

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^