お母さんに教えてあげて・・・

ある女の子の話

塾に通ったり、家庭教師をつけたりしないで成績学年トップの女の子がいました。

あるとき先生が、その子のお母さんに「どうして、塾や家庭教師の世話にならずに、家でガリ勉もしないのに、いつもこんなに成績がいいのですか?」とたずねてみました。

すると意外な答えが返ってきたそうです。

 

そのお母さんは、子供の頃家が貧しくて、無学なまま育ったのだといいます。

そして「今でも、近所のお母さんたちと話をしたりするときに、私はこんな事も知らなかった、あんなことも知らないと、ときどきとても恥ずかしい思いをするのよ」と何気なく自分の子供に話しました。

 

すると、それをじっと聞いていた女の子が、次の日から、「私、今日、こんな事を習ってきたよ。理科ではこういうこと、社会ではこんなことを教わったんだよ」と一生懸命に、お母さんにその日一日、学校の授業の内容を全部、詳しく教えてくれるようになったそう

です。

お母さんが勉強できなかったぶん、私が一生懸命聞いて教えてあげる。

もうお母さんに恥ずかしい思いはさせないから・・・・・終わり

すごい小学生ですね^^;

これはかなり高度な復習方法ですよね

これなら成績アップ間違いなし^^

でも社会人になってから僕自身、人に何か物事を教えたりすると、自分の理解度が急速に上がった経験はありますね~

 

明日はみんなが知っているあの人が、小学6年生のときに書いた日記から・・・・

 

 

昨日はお客様が少ない一日でした^^;

人通りも少なかったな~

 

激暑の中ご来店いただいたお客様ありがとうございます。

感謝しています。

 

 

過去のブログはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

お店の裏の顔 ^^
お店の裏の顔 ^^